ランニングを始めたきっかけは「英語が喋れなかった」から・I started running because I could not speak English

(日本語版は英語版の後に続く)

ランニングのきっかけは「英語が喋れなかった」から

ロスから大阪に引っ越したのは9歳の頃。アルファベットも勉強せず、もちろん単語も勉強しなかったのでロスについたときは英語の一言も喋れなかった。ウェルカムトゥアメリカ。

アメリカでの生活のチャレンジの中で一番大変だったのは小学校の休み時間をどう過ごすかということ。小学校4年生の私にとって、20分の休み時間がとてつもなく辛かった。授業中は楽チン。決められた席に座り、先生に言われた通り授業を受ける。簡単だった。でも休み時間は別物。友達を探さないといけないし、向こうから誘われる程度まで仲良くないとダメ。「友達がいないあの子」にはなりたくなかった。だから本当に辛かった。10時になった途端、「友達がいないあの子」になるほど嫌なことはなかったのをいまだに覚えている。

言語のバリアがあるから自分が貢献できることなんてないと思い込んでいた。大人になると多様性は互いの学びになるということで逆に異国のカルチャーや違う見解をウェルカムする傾向があるが9歳児はそうでもない。文化の交換なんて考えてなかった。英語かナッシングだった。それでも友達を作らないとだめ。周りの同級生にどうにかして私を選んでもらえるように戦略的に考える必要があった。
それがランニングを始めた理由。

周りの同世代より少し足が早かったことは日本にいる時に鬼ごっこやかけっこをやってたので、ある程度知っていた。なによりも、ランニングは英語を必要としなかった。ランニングは自分の足でできた。ランニングは「アメリカン」なルールに従う必要はなかった。

友達を作る一番早い方法は「日本から来たESLクラスの子」というレッテル以上のものを見せつけることなんだろう、と小学生の自分なりに考えた。本当にできるかわからなかったけど、その時の私には「走ること」しかなかった。

バスケではリバウンドを取るため必死で走った。
ドッジボールではボールを避けるため必死で走った。
かけっこでは次の男子に負けないよう必死で走った。

そして、そのボールをSarahにパスした。
そして、Melodyの方向に投げられたドッジボールに当たらないように注意した。
そして、2秒後に走り終えたSeanとはハイファイブをした。

体育の時間が私が唯一目立てる時間となった。

少しづつ、この「日本から来たESLクラスの子」が他の男の子と負けないくらいの速さで走れることが知れ渡った。その後、周りの同級生が自分たちのチームに私を誘ってくるようになった。ドッジボールやフラッグフットボール、テザーボールのチームメンバーに呼ばれるようになり、「勝利のための隠し球」として私を迎え入れてくれた。10時になれば私の肩を叩いて誘ってくれる頻度が増え、自分のドッジボール「仲間」とも呼べるほどの中の良い友達もできた。

そう、私の戦略が当たった。もう、一人ではなかった。

ラッキーなことに、走る能力が認められチームにも誘われるようになった頃と同時に、自然と自分の英語も上達してきた。体育の時間でしか目立たなかった「足の速い日本人の女の子」が英語を喋り始めた。相手の喋りも理解できるようになった。親指を立てた「オッケー!」以外の 返事もできるようになった。

今考えてみると、同級生と普通にコミュニケーションを取れないというチャレンジがなければ、ランニングをあそこまで追求していなかったと思う。もしかしたら数年後自然とランニングに出会えたかもしれないが、多分そこまで好きにならなかっただろう。走ることで、別の自分を創り上げることなく自然体の自分を表現できた。言葉が足らない時のコミュニケーションのツールとして使うことを幼い時に学び、自分なりにチャレンジに立ち向かう方法を得れたのではないかと思う。

初めは自分の英語力を補うためのランニングだった。それがその後高校時代に300人以上の生徒が属するチームのキャプテンとなり、ハーバードへの入学→卒論を完了する自信を与えてくれた。ゴールドマン・サックスでは、金融知識全くなしのまま5年間遅刻ゼロで勤めれた体力をランニングが培ってくれた。またその後も、金融でのキャリアを断ち自分のパッションと自由を追求する決断を下せたマインドと身体能力の源になるとは4年生当時私は思ってもいなかった。

ランニングは今でもとてつもない自信をくれる。

I was 9 when I moved to LA from Osaka. I did not even think about studying the alphabet, let alone any words in English, so when I arrived in LA I obviously could not speak a word of English. Werucome to Amelica.

Out of all the challenges I had to go through in my transition to life in America, the most difficult part was spending recess in elementary school. 20 minutes of recess was the hardest thing for me as a fourth grader. Classrooms were great – we were forced to sit in our assigned seats, and we could just do what the teacher asked us to do. That was so easy. BUT RECESS? No, you had to find friends, get them to like you enough to hang out together, and not be that “loner kid.” That was SO hard for me, because nothing else made it more clear that I was the newcomer, the new loner in an unfamiliar land without a friend to ask me ‘let’s go play tetherball’ when the clock hit 10 a.m.

See, when you don’t speak the language, it’s hard because you automatically believe that you have nothing to offer when there is a language barrier. As adults, we welcome those who bring diversity and different perspectives – we are curious to learn from each other and perhaps try to learn that new foreign language from the other person. As 9 year olds though, we didn’t think about ‘cultural exchange.’ It was English or nothing. I had to find a way to make friends, and strategize a way for them to want to spend recess time with me.

And that’s how I got into running.

I knew I was a bit faster than most kids at running, based on hundreds of ‘tags’ and mini races I participated in back in Japan. I knew that running required no English. Running could be done with my two legs. Running did not require understanding of complicated “American” rules.
I realized even as a fourth grader, that the quickest way for me to make friends was to show them that I was more than just that ESL student from Japan. I wasn’t sure if it would work, but my fast legs were all I had.

I ran as fast as I could to get that rebound in basketball.
I escaped as fast as I could to dodge that ball from hitting me.
I sprinted as fast as I could to get to the finish line before the next boy.

Then I started passing that ball to Sarah.
Then I started warning Melody about the dodgeball coming her way.
Then I started high-fiving Sean, who arrived two seconds after me.

And it worked.

PE became my time to break silence and be noticed.

Little by little, as my peers started to notice that somehow, this girl was able to keep up with other boys, they started to ‘recruit’ me into dodgeball games, flag football teams, and even tetherball, as they realized that I was an asset to their winning strategy. I started to get tapped on my shoulder at 10 a.m. with more frequency, until I had my crew of friends whom I knew would want to play dodgeball with me during recess.

My strategy worked. I was no longer alone.

Luckily, natural learning was on my side and around the same time I was starting to get recruited on teams, my English started progressing. Soon enough, this ‘fast’ Japanese girl who only seemed to excel in PE was starting to speak English. She understood you. And she could even respond with more than just an “OK” with a thumbs up!

Looking back, if I had not faced the challenge of being unable to communicate with my peers, I am not sure if I would have started and kept running. Perhaps I would have, but I doubt it. Running allowed me to showcase something true about me without having to create a false identity of myself. Even at a young age, discovering running as a tool to communicate when words were not sufficient allowed me to find alternative ways to tackle challenges in my own ways.

Running only started as a tool to compensate for my lack of English ability. Little did I know that it would also propel me to have the confidence to accept the captainship for two varsity sports teams with 300+ students, and ultimately graduate with an honors thesis from Harvard. That, it would give me so much strength in both mind and body to join investment banking with no knowledge of finance, go through the grueling analyst program and to also have the audacity to leave the lucrative career to pursue my own passions and freedom — I had no idea as a fourth grader.

Running still to this day, gives me immense confidence nothing else has ever given me.

It will always be my source of energy, and it remains to be the honest reflection of my true self.
​​

So I ask, what’s your “running”?