初めてのファーストクラスラウンジで起こった「事件」を振り返る・Reflecting on My First Experience at the First Class Lounge

私は今、アラスカ上空あたりでこのブログを書いている。東京に帰る途中の便である。

よく使っている航空会社のファーストクラスラウンジに初めて足を踏み入れた時の経験を思い出す。この話は以前、私の親しい友人たちにも語ったけれど、今回読者の皆さんにもぜひ聞いてほしいと思う。

2015年から2016年にかけて、私は良く出張で飛行機に乗ることが多くその航空会社の最上位ステータスである「ダイヤモンド」と呼ばれるランクになった。ダイヤモンド会員になると、日本の主要空港であれば専用の部屋でチェックインができたり、いろいろ主張しなくてもアップグレードしてもらえたり、数百ドル相当のギフト券が手に入ったりと、何かと特典がある。特に私のように エコノミークラスしか乗らないような人で頻繁にあちこち出張に行く人にとってはなおさら。

他のビジネスクラスやスターアライアンスゴールドメンバーと呼ばれる人たちが使用するラウンジと、ファーストクラスに乗る人やダイヤモンド会員が使用できるラウンジは分かれており、そういうわけで私もファーストクラスの人が使用するラウンジを初めて体験することになった。​​この「エクスクルーシブ」なラウンジへの入り方は簡単で、レセプションでカードを渡すだけ(とっても誇らしげに)。それなのに、問題はそこで発生。

受付の女性が私に笑顔で挨拶をし(ここでは至れり尽くせり精神が旺盛でわざわざ自分の席へと紹介してくれるのだ)その時の言葉は本当に気まずかった。

「失礼ですが、奥様でしょうか?」

そう、私の前には中年くらいの男性がいたのだ。

もしかしてその男性に、私が近づきすぎていたのかもしれない。

でも夫婦のように会話しているわけでも、そういうそぶりを見せたわけでもないのに。

私のことを、「夫(ダイヤモンド会員のメンバー)に同行者としてそこにいるのだろう」と無意識で判断した彼女の「正直すぎる間違い」には悪意があったわけではない。それははっきりわかっている。

ただ、それにも関わらず、これは由々しき事態だと思うので、あえて言いたい。もちろんこの「事件」は私だけに起こった特別なことではなく、日々の彼女の経験から試算されたものなのだろう。彼女は普段から「女性は奥様であることが多い」「奥様は夫の同行者としてやってくることが多い」「本人がステータスを持っていることはあまりない」という事実をたくさん見ている。彼女が普段から「あなたはこの女性の旦那様ですか?」と聞いているシーンは、想像できるだろうか?たぶんできない。

この事件の後、私にははっきりと分かったことがある。

1.「エクスクルーシブ」エリア(ここではファーストクラスのラウンジ)に女性が一人でいることはとても珍しい。受付の女性はそれがわかっていたから、私のことを「夫の同行者」と精一杯のおもてなしの気持ちで推測したのだろう(でも違ったけど)。悲しいが、これが現実なのだ。この現実が終わるまでは、多くの「自分でこのステータスを勝ち取った」女性(同行者ではなく)がこのラウンジに訪れなくてはいけないのだ。

2.社会全体としては、女性が自分自身の力以外で特定の場所(ラウンジのようなエクスクルーシブな場所)にいると思い込んでしてしまわない気遣いが必要。(ラウンジはあくまでも一例で、要はそういう特権的だったり、業績で勝ち取る何か特定の場所ということ)もし女性がそういう場所にいるのなら、シンプルに彼女は自分の力でそこにいるのだと言うことが当たり前になるべきだ。

3.女性として、上記の1と2に関わらず、私たちはどこにでも(自分の力で)いられるのだと信じる必要がある。例えあなたがそこにいる唯一の女性だとしても、間違った風に見られたとしても、そこにいることを誇りに思おう 。「他の女性のための道づくり」というチャレンジも楽しんでみよう。

私はあなたにも起こった似たような事件についてももっと知りたいと思っている。こういうストーリーをもっと人に伝えてみよう。そうすることで、私たち女性がそういう場にいることが不自然じゃないということに気付けるはずだから。

I am writing this blog entry somewhere above Alaska. I am flying back to Tokyo now.

I was reminded of my first experience stepping foot into the First Class Lounge of the airline I always fly with. I have told this story to a few of my closest friends in the past, and now I want to share this with my readers too – both due to its hilarity and deeper implicit bias placed on women.

In 2015 and 2016, I flew a lot – so much that, despite only flying economy class, I qualified for the highest status within this airline – called Diamond.

If you are a Diamond member, you check in at a separate, dedicated room (at major airports in Japan), you get several hundred dollars worth of gift certificates in addition to a few opportunities for upgrades – so these are huge perks. Especially for someone like me who only flies economy class but travels often.  

It also has a separate lounge area for First Class and Diamond members separate from the Business Class and Star Alliance Gold members – so I was stoked to finally experience it for the first time. 

​​My entry into this “exclusive” lounge was smooth – I handed the reception my invitation card (yes proudly!) and then that’s where the problem occurred.

A lady greeted me, as it is the case when you enter this lounge, as I quickly learned – you will have someone to lead you to your seat, yeah some sort of a VIP treatment – though – I knew it was going to be an awkward situation when  she asked me:.

“Excuse me, are you the wife?”

There was a middle aged man in front of me. Perhaps I was walking too close to him?

We certainly never exchanged a word or acted like we were married.

It was very clear to me that her “honest mistake” of thinking that I was there as the invited guest of her husband (who is a Diamond member himself) was not ill-intended.

Despite the intent, I want to make it very clear – that what happened to me here is not an isolated incident, but it was a result of assumptions made about me as a woman, the repeated experience of viewing women as wives, invited guests, or non-regulars. Can you imagine a man being asked the same question – “are you her husband?” — likely not. 

These things became clear to me after this incident:

1) Women in ‘exclusive’ areas is a rarity. The woman who tried to help me did her best to guess (incorrectly) that I was an invited guest of a husband because it is so rare for women to be the actual member here.  Sadly, this is the reality. We do need more women in these rooms – not just the invited guests, but women on their own who made it there, in order to dispel these assumptions. 

2) Society as a whole needs to stop assuming that women are in certain places because of reasons other than her own accomplishments (I am not equating being in the lounge as an ‘accomplishment’ – using it simply as a metaphor).  If a woman is there, perhaps she belongs there.

3) As women, we need to believe that we belong everywhere—despite the 1 and 2 mentioned above. Even if you are the only one, even if someone mistakenly identifies you, let’s continue to be proud that we belong. Let us enjoy the challenge of paving the way for other women.

I would love to know of any similar incidents that have happened to you. Let’s get these stories out, confidently, so all of us realize that it’s not an anomaly to have women there – on their own.