How to Start Making Decisions Better // 決断力を高める方法とは?

(www.DeepL.com/Translatorで翻訳した日本語版は英語の後になります)

Everyday, we have to make decisions. Whether it’s about careers or relationships and everything in between, a fork appears ahead and you must make a decision. And it’s not easy.

Let me tell you – I was especially bad at making decisions. Whether it was switching jobs, moving to a different city, or texting someone I just met, they all made my stomach cringe.  I often left things unanswered, putting them aside. It didn’t mean that those decisions disappeared on their own – often, the pressure to make the decision haunted me and was always lingering on my mind, late at night, unable to fall asleep. It sucked.

Then one day, after I agonized over several days whether I should take on a new job offer (I ultimately didn’t), I realized that NOT making the decision was the source of my constant anxiety and unhappiness. I came across this quote by Michelle Obama and understood what I was getting wrong about my decision making process. She said, “Don’t ever make decisions based on fear. Make decisions based on hope and possibility. Make decisions based on what should happen, not what shouldn’t.” 

I realized this is it – simple. Often, we don’t make decisions because we are afraid of the downside risk as opposed to the potential upside. We are afraid of unforeseen consequences and change.  It’s the fear that precludes us from making the leap. Of course, uncertainty is scary, but uncertainty can also bring amazing outcomes that you might not have even imagined. 

Let’s embrace this, shall we? Embrace consequences and change in the positive light – convince yourself that this decision you are making is possibly the vehicle of tremendous growth. 

From there on out, I decided to make decisions based on imagining the best possible outcome from the decision. 

Let’s start thinking of making decisions as an opportunity to commit yourself to something exciting, a window of tremendous opportunity and growth

So, forget fear – the world is full of them, so don’t create more fear than you need. By trusting your inner hope and possibility, we dive into uncertainty – with our heads held high. 

Let’s be confident about the path we ultimately take. By making firm decisions, we embark on a journey to become one step closer to your dream self. 

So I’m going to tell my younger self – yes, you should take that job because you might learn something new from it. Yes, you should move to Hong Kong because you’ve never been there. Yes, you should text the guy because… well, his best friend might end up being your future husband (perhaps, a true story). 

毎日、私たちは決断を迫られます。それがキャリアについてであれ、人間関係についてであれ、目の前に分岐点が現れ、決断しなければなりません。それは簡単なことではありません。

私は特に決断するのが苦手でした。転職するにしても、別の街に引っ越すにしても、会ったばかりの人にメールするにしても、どれも胃が痛くなるようなものでした。 決断したことをそのままにしておくこともよくありました。決断したことがそのまま消えてしまうわけではなく、決断しなければならないというプレッシャーに悩まされ、深夜になっても眠れずにいつも頭の中に残っていることが多かったのです。

そしてある日、新しい仕事のオファーを受けるべきかどうか、何日も悩んだ末に、「決断しないことが、私の絶え間ない不安と不幸の原因だ」と気づいたのです。私は、ミシェル・オバマのこの言葉に出会い、自分の意思決定プロセスの何が間違っていたのかを理解しました。ミシェル・オバマは、「恐れに基づいて決断してはいけません。希望と可能性に基づいて決断してください。起こるべきでないことではなく、起こるべきことに基づいて決断しなさい」。

これこそがシンプルなソリューション。多くの場合、私たちが決断を下さないのは、潜在的なアップサイドではなく、ダウンサイドのリスクを恐れているからです。予期せぬ結果や変化を恐れているのです。 恐怖心があるからこそ、踏み出すことができないのです。もちろん、不確実性は怖いものですが、不確実性は想像もしなかったような素晴らしい結果をもたらすこともあります。

これを受け入れてみませんか?結果や変化をポジティブに受け止め、「この決断は、もしかしたらとてつもない成長のための手段かもしれない」と自分に言い聞かせるのです。

それからは、その決断から得られる最良の結果を想像して決断することにしました。

決断をするということは、何かエキサイティングなことにコミットする機会であり、とてつもないチャンスと成長の機会であると考えるようにしよう。

ですから、恐れを忘れてください。世の中には恐れが溢れていますから、必要以上に恐れを作らないようにしましょう。自分の中にある希望や可能性を信じることで、頭を高くして不確実性に飛び込んでいくのです。

自分が最終的に進む道に自信を持ちましょう。しっかりとした決断をすることで、夢の自分に一歩近づくための旅に出ます。

だから私は、若い頃の自分にこう言おうと思う。そうだ、あの仕事を受けるべきだ。香港に行ったことがないのだから、香港に引っ越せばいい。そうだ、あの人にメールを送ればいい、なぜなら…その人の親友が将来の夫になるかもしれないから(たぶん、実話です)。

Leave a Reply

%d bloggers like this: